上映会情報

未分類

自分のお店で映画DVDを流したい場合

自分のお店でBGVとして上映会をしませんか?

 

BGVとはバックグラウンドビデオのことだ。

 

自分のお店で流そうと考えている方にお伝えします。

 

店舗で映画など個人で購入、レンタルしたDVDを放映すると著作権に触れてしまう。

 

個人で所有しているDVDの使用は絶対に避けた方がよい。

 

では、どのようにこの問題を解決することができるだろうか?

 

3つの解決方法をご紹介しよう。
・著作権フリーDVDの上映
・録画でないテレビの放映
業務用DVDを使用する

 

DVDを流したいのであれば、著作権フリーのものか業務用DVDを取り扱っている業者と契約を行わなければいけない。

 

契約を結んだうえで、業務用映画であれば安心してお店の中でも映画を流すことが可能だ。

 

ルールを守って安全にお店で上映しましょう。

宿泊先でゆっくりと映画を見る

ホテルでVODビデオプランでゆっくり過ごしませんか?

 

近年ホテルでのVODカード付プランの宿泊をよく見かける。

 

施設で映画上映会を行う場合もそうだが、宿泊施設でのビデオプログラムも業務用DVDとなる。

 

勝手に流してしまえばもちろん著作権に触れてしまう。

 

出張や旅行で映画を見ながらゆっくり過ごすことができるのは、業務用DVDとしての契約をちゃんと行っているからだ。

 

もし、契約を結んでいなければ、特に見たいテレビ番組が放映していない時に自分の好きな映画のタイトルを見ることはできないだろう。

 

今回はホテルの場合を取り上げたが、身近で業務用映画の上映を考えている方いないだろうか?

 

お悩みの場合は一度DVDを取り扱っている業者に相談してはいかがだろうか?

 

ルールを守って安全に上映を行いましょう。

飛行機内での映画上映

皆さんは飛行機内で流れている映画や動画は業務用DVDが使用されていることはご存知だろうか?

 

海外旅行をされる方は、長距離の移動時間にご覧になったことはあるかと思います。

 

長距離バスなどで上映される映画と同じく、機内で映画を流す場合にも業務用映画として契約を結ばなければいけません。

 

勝手に上映会を行うとなれば、航空会社は著作権侵害で訴えられてしまいます。

 

私たちが安心して映画を旅客機で見れるのは、供給してくれる会社と契約を行っているからだ。

 

この契約を行っていない場合はもちろん放映はできない。

 

空の旅が快適に過ごせるのは業務用DVDを取り扱っている業者が存在しているからである。

 

ルールを守って安全に映画、動画の上映を行いましょう。

図書館での上映会

あなたは施設で映画上映会を行う際に気を付けなければいけない事項をご存知だろうか?

 

学生のみなさんは夏休みが始まりましたね。

 

夏休みに合わせて地域の図書館などでは、上映会のイベントを企画されているところも多いだろう。

 

このような施設での上映会を行う場合は、業務用DVDを使用しなければいけない。

 

なぜかと言うと市販やレンタルしたDVDを使用し、上映会を行うと著作権に触れてしまうからだ。

 

過去に経験のある施設であれば、守られていることではある。

 

ただし、今後初めて行うのであれば注意しなければならない事項だ。

 

もちろん施設のみに限らず、地域でイベントなどで上映を行う時も必要となってくる。

 

業務用映画のことで相談したい場合は一度専門業者に相談してはいかがだろうか?

 

ルールを守って安全にDVDの上映を行いましょう。

福利厚生の業務用DVD

皆さんは会社で業務用DVDの社員向けレンタルを行っていることをご存知だろうか?

 

企業でも福利厚生事業として働いている社員へDVDのレンタルを行うとが可能だ。

 

会社で購入した市販のDVDをレンタルすることは著作権に触れてしまう。

 

そのため、上映会を行う施設と同じく業務用映画を取り扱っている会社へ依頼を行えば、レンタルが可能となる。

 

このような取り組みが社員のリフレッシュに繋がったり、創造性を育むことにつながるのではないだろうか。

 

娯楽施設等での映画上映会以外にもこのような活用の方法があるため、企業でも検討してみてはいかがだろうか?

 

業務用映画のことで相談したい場合は一度専門業者に相談してはいかがだろうか?

 

ルールを守って安全にDVDの上映を行いましょう。

業務用DVDの使用許諾について

皆さんは施設で使用される業務用DVDの取扱いについてご存知だろうか?

 

施設やバスなので、映画の上映を行うには業務利用の使用許諾を得た場合でないと上映することができない。

 

なぜならば、著作権の侵害にあたるからだ。

 

映画上映会を行いたいのであれば、供給業者と契約を結ばなければいけない。

 

ただ、契約を行ったとしても、ご自身が所有しているDVDを使用することも駄目である。

 

なぜならば供給業者から使用許諾が降りた証明書が付いたDVDのみ使用が可能だからである。

 

許可が降りたといって私物のDVDで上映を行うのはいけないことだ。

 

業務用映画のことで相談したい場合は一度専門業者に相談してはいかがだろうか?

 

ルールを守って安全にDVDの上映を行いましょう。

施設での利用形態

皆さんは施設で使用されるDVDの形態についてご存じだろうか?

 

様々な施設で業務用DVDの配信を行っている業者では、その施設に合わせたものがあり、配信内容が異なってきます。

 

例えば、ホテルでは洋画、邦画、アニメなど多様なジャンルを視聴することが可能です。

 

ただ、小さな子供が集まるキッズルームなどでは大人向けの洋画、邦画を上映するのは相応しくありません。

 

そのため、使用する施設ごとで業務用DVDの作品は大きく異なります。

 

ただし、視聴したい作品の要望があれば相談にのってくれる専門業者もいます。

 

上映会の検討をお考えの方は、一度取り扱っている専門業者に相談してはいかがだろうか?

 

ルールを守って楽しく、安全にDVDの上映を行いましょう。

ネットカフェでの業務用DVDについて

皆さんはインターネットカフェを利用された経験があるでしょうか?

 

ネットカフェにはインターネットはもちろん漫画、ビリヤード、ダーツ、DVD、映画の視聴が可能です。

 

そのDVDや映画の視聴を可能にするため、業務用DVDが使用されています。

 

映画やアニメを上映するには著作権がからんでくるため、多くの施設では上映を可能にするために、代理店と契約を結んでいます。

 

私たちがそのような施設で安心して映画を視聴できるのは、著作物を扱う専門家がいるからです。

 

ネットカフェに限らず、施設での上映会も同じことであり、業務用DVDを使用し配信を行わないと罰せられます。

 

個人の所有するDVDで上映を行わず、ルールを守って正しく上映を行いましょう。

病院での上映会

皆さんは病院でも業務用DVDが使用されていることをご存知だろうか?

 

大きなホールを所有している病院では、そこを開放し、上映会や講演会を行っている。

 

また、ホールを所有していない施設では、病棟にある食堂や会議室を利用して行っている。

 

参加者は来院されている方や、院内のスタッフ関係者の方々が対象となっている。

 

病院でも安心して映画を観るためにも、供給業者の協力が必要となってきます。

 

安全、安心に映画上映会を病院で行う、検討されている関係者の方は一度専門の業者に相談してみてはいかがだろうか?

 

著作権に触れないように、ルールを守って上映を行いましょう。

客船で気をつけること

皆さんは客船にも業務用DVDが使用されていることをご存知だろうか?

 

クルージングに参加したことがある方はお分かりかと思いますが、クルーズ船には多くの娯楽施設があります。

 

レストラン、バー、ラウンジ、スポーツジム、プール、リラクゼーション、図書館、海外に多いですがポーカーなどを楽しめる場所もあります。

 

このような施設の中に映画館もあり、映画上映会を行っている。

 

上映を行うにしても、業務用の使用ということで、やはり著作権が関わってくる。

 

勝手に上映を行えば、もちろんペナルティを課せられる。

 

安全に客船で映画の上映会を行うのであれば、一度専門の業者に相談してみてはいかがだろうか?

 

ルールを守って安全に上映を行いましょう。

« 1 2 3 4 5 »

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 上映会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.