上映会情報

未分類

上映会イベントでチラシを利用しよう

上映会を開催する場合は集客も必要だ。

 

映画上映会のイベントを開催する場合は、宣伝も必要となるでしょう。

 

最近ではSNSを利用した集客も多い。

 

ただ、地域のイベントであればSNSだけでは住んでいる人全域には届かない。

 

そういった場合に地域の施設や新聞、回覧板に入れるチラシの存在が必要となる。

 

魅力的なチラシを作成して幅広い人に楽しんでもらえるようにするのが良い。

 

地域のイベント内容で悩んでいるなら上映イベントも一つの方法として考えてもよい。

 

イベントで映像ソフトを使用する場合は業務用映画のソフトを使用する必要がある。

 

イベントを考えている場合は、業務用DVDを取り扱っている業者に確認を行うのが安全だ。

 

昨今の情勢で地域イベントがなかなか開催できないが、検討してみてはいかがだろうか?

キャンプ場を利用した上映会イベント

キャンプ場での上映会を楽しむ。

 

大規模な映画上映会を行うには広い場所が必要となります。

 

そんな時はキャンプ場を利用した上映会がおすすめだ。

 

昨今の情勢を考えた場合、屋内でもいいが、外の広い場所で人との距離を取れるというのもよい。

 

また、大人数のイベントでなくとも小規模でキャンプを楽しみながら上映イベントを行うのもよい。

 

料理やお酒を楽しみながら映画を楽しむことができる。

 

ただし、イベントなどで映像ソフトを流す場合は業務用映画の映像を使用する必要がある場合がある。

 

営利目的などの場合は注意が必要となってくる。

 

そういう場合は業務用DVDを取り扱っている業者に相談を行うのがよい。

 

安心して上映イベントが開催できる。

サウナで業務用DVDを楽しみながら汗を流す

温泉施設での上映会を楽しみたい。

 

温泉から上がったあとに、施設内で映画上映会で使用される映像ソフトを流しているところもある。

 

映画を見ながらゆっくりと過ごすのもよい。

 

温泉施設ではサウナの中に映画などの映像ソフトを流している場所もある。

 

じっくりとサウナで黙々と汗を流すのも良いが、映画を見ながらサウナを楽しむのよいだろう。

 

ただ汗を流すよりも楽しみながら汗を流すことができる。

 

サウナで映画などの映像ソフトを流すのであれば、業務用映画のソフトを利用することをおすすめしている。

 

なぜかというと著作権の問題があるため、業務用DVDのソフトを使用しないといけない。

 

ただ個人購入したソフトを流すのはよくない。

 

施設内で映像ソフトを流す場合は、業者に相談するのが良いだろう。

屋内での上映会イベント

上映会イベントの場所を探そう。

 

映画上映会を行うにしても、昨今の状況で場所や対策に悩まされている方も多い。

 

屋外であればまだ開催しやすい利点はあるが、対策はしっかりと行わないといけない。

 

屋内での上映イベントでは、美術館などの施設で実施されることもある。

 

美術館であればアートと合わせて見ることもできるので、鑑賞が好きな方にはもってこいだ。

 

ただし、昨今の情勢で屋内イベント自体が中止になったり、施設自体が閉館されていたりする。

 

業務用映画の上映イベントを開催するにはクリアすべき課題が多い。

 

まだ、以前のように開催するには時間がかかるだろう。

 

著作権の問題もあるため、業務用DVDを取り扱っている業者に相談するのも必要だ。

オンラインでの上映会

上映会のイベントはどうやって開催できるだろうか?

 

昨今の状況では思うように映画上映会を行うことが難しくなっている。

 

上映イベントをどうにか行おうと日々知恵を絞っている方も多いだろう。

 

最近ではオンラインでの上映イベントを実施しているところもある。

 

オンラインであればご自宅での鑑賞も可能であり、今の状況を考えるとリスクを減らすことができる。

 

ただし、業務用映画をオンライン上で行うにしても著作権について気をつけなければいけない。

 

業務用DVDを利用することで著作権の問題もクリアになるため、イベントを企画している方にはおすすめだ。

 

ルールを守って上映イベントを行おう。

催事場での上映会

上映会イベントを行う際には注意が必要だ。

 

昨今の状況を考えると広い場所や入場者数を考慮しなければいけない。

 

屋内であれば催事場などのスペースで映画上映会を行うこともある。

 

催事場はデパートや百貨店の特売や展示を行うスペースのことだ。

 

場所によってはかなり広い場所もある。

 

人数を制限して、ある程度のスペースを確保するには候補に入れてもよい場所だ。

 

また、上映を行う際には業務用映画を取り扱っている配信会社で手配するのがよい。

 

著作権などのルールがあるため、市販やレンタルしたDVDで上映を行うとルールに抵触する。

 

業務用DVDの取り扱いまで含めた運用が企画者には求められるので、ぜひ注意して頂きたい。

多くの種類の映画上映会用の作品

上映会用のDVDも多くの作品が更新されて利用することができます。

 

今のご時世は難しいかもしれませんが、映画上映会を行う際に映画の種類で悩むことはないだろうか?

 

毎月いくつもの新作が利用できるようになるため、作品に困ることはなさそうだ。

 

ただ、選ぶ種類が多いため、多くの選択肢の中から選ぶうれしい悩みが多い。

 

このように毎月多くのタイトルが利用できる業務用映画は、上映会を計画している方にはとても魅力的だ。

 

業務用DVDを利用することで著作権の問題もクリアになるため、イベントを企画している方にはおすすめだ。

 

ルールを守って上映イベントを行おう。

上映会イベントの企画をする前に

ご自身で上映会イベントを開催する前にワークショップを活用しよう。

 

映画上映会を行う際に何から始めたらよいか分からいことが多いだろう。

 

そのような時はご自宅の近くで開催されているワークショップなどを活用するのが良いだろう。

 

イベント開催についてのノウハウが学べます。

 

ワークショップなので手軽なお値段で開催できるのも魅力的だ。

 

企画者としてのノウハウを学ぶためにはハードルも低く、同じ目的を持った仲間と繋がれる。

 

業務用映画を取り扱っている配信会社や著作権についても学んでおきたい。

 

著作権について知らないで、市販のDVDなどで上映を行うと抵触してします。

 

業務用DVDの取扱いについてしっかり学んだうえで、上映イベントの企画者になりましょう。

屋外で上映会を開催する場合は順延に注意しよう

屋外で上映会を開催する場合は順延に注意しましょう。

 

野外での映画上映会には注意する点がある。

 

例えば、天候が悪い場合だ。

 

天候が悪ければ開催日を延期する必要があり、その分の場所を押さえる必要がある。

 

順延を予定していなければ問題ないが、予め同じ場所が後日空いているのか確認は必要だ。

 

そのため、天気はこまめにチェックし、開催するか、延期するか主催者は判断を迫られます。

 

直前になって困らないためにも、企画した場合はリスクとして考えておく必要がある。

 

また、業務用映画となるため、市販のDVDは上映できないことも考えておかないといけない。

 

上映する映画も業務用DVDを使用しないと、著作権に抵触してしまう。

 

映画の自主上映を考えている方はこれらのことを考え、安全に上映を行いましょう。

建物の屋上で上映会を行おう

屋上で上映会を開催しませんか?

 

ここ最近は様々な場所で映画上映会が実施されている。

 

星空の下やレンタルスペース、貸し会議室、カラオケでも可能だ。

 

今回は建物の屋上で実施しているところもある。

 

例えば、立体駐車場の最上階で実施している団体もある。

 

週末のイベントとして普段駐車場として使用しているスペースにスクリーンとイスを用意して映画の上映が行える場として利用している。

 

広場などの空の下ではなく建物の屋上ということもあり、普段とはまた違った雰囲気でビール片手に楽しめる。

 

まだ、夏に行うと夜風が心地よく感じられる。

 

ただし、映画の上映を行うと業務用映画として取り扱わないといけない場合がある。

 

そのため、このような企画を行う場合は業務用DVDを取り扱っている専門家に一度確認を取り、実施した方がよい。

 

安全に上映を行うようにしましょう。

1 2 3 5 »

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 上映会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.