上映会情報
  • HOME »
  • 上映会情報 »
  • 管理者

管理者

高齢者向けの上映会を開催するなら

シニア向け上映会を開催しませんか?

 

地方の行政ではシニア向けの映画上映会を開催しているところもある。

 

目的は地域の高齢者とのふれあいを目的としている。

 

また図書館などではデイサービスの帰りに立ち寄ってもらい、実施している場所もある。

 

つながりを感じてもらい、楽しんでもらうために実施している。

 

今後シニア向けの映画上映を企画しているのであれば、ぜひ業務用DVDを使用してみてはいかがだろうか?

 

著作権に抵触しないためでもあるが、高齢者向けの作品も多くそろっているので話を聞いてみてはいかがだろう。

 

ルールを守って安全に業務用映画を上映しましょう。

上映権とは何だろう。

上映権とは何だろう?

 

以前から勝手に個人で所有するDVDを勝手に上映会を行うと、著作権に抵触すると書いておりました。

 

著作権は複製権、翻訳権、演奏権などの総称であり、上映権もこの中に含まれています。

 

上映権はスクリーン、ディスプレイなどの画面に映し、公衆に見せる権利のことをいいます。

 

自主上映会を行った場合などで、お金を徴収した時点で侵害となります。

限度はあると思いますが、無料で行うのは侵害しないとされています。

 

個人で安易に上映し、トラブルにならないためにも業務用DVDの使用をおすすめします。

 

このようなDVDは代行業者が取り扱っているため、自主開催を考えている方は一度相談してはいかがだろうか?

 

ルールを守って安全に映画上映会を行いましょう。

自主上映会を行う場合

自主上映会を開催したい場合、みなさんはどうしますか?

 

地域によっては最寄りの映画館が遠く、各町で開催を行うこともあるだろう。

 

自分で町おこしや地域活動の一環として開催する方もいるのではないだろうか。

 

そのような場合、個人で所有しているDVDやレンタルしたものを使用するとどうなるだろうか?

 

もちろん著作権に抵触してしまう。

 

地域のためとは言え、所有しているDVDの使用がばれると罰せられます。

 

このような事態にならないためにも業務用DVDを取扱っている業者に相談してみてはいかがだろうか?

 

自分で主催するのは大変かもしれませんが、ルールを守って安全に映画上映会を行いましょう。

営利目的での上映会

映画上映会のルールを知っていますか?

 

あなた、もしくは身近な人で自分の所有する映画DVDの上映会を企画している人はいるだろうか?

 

その際に入場料や何かしらの集客目的のために映画を上映することを考えているのであれば上映会をしない方がよい。

 

営利目的で自分の所有する映画DVDを放映すると著作権に引っかかってしまう。

 

無料、無報酬で行うのであれば問題はない。

 

仮に営利目的で上映会を行うのであれば、公に放映してもよい業務用DVDを供給しているところに相談してみるのがよい。

 

業務用映画のビデオソフトを供給しているため、営利目的の場合は一度調べてみた方がよい。

 

安全に上映会を行えるようにしましょう。

健康ランドでの業務用DVDの取扱い

健康ランドで業務用DVDを使用しませんか?

 

一度は健康ランドやスーパー銭湯を利用したことがあるだろう。

 

豊富な種類の温泉を楽しめ、あがった後にもレジャーや食事で楽しむことができる。

 

一日居ても十分に温泉以外を楽しめながら過ごすことができる。

 

温泉とレジャーを交互に楽しむのもよい。

 

一人でゆっくりしたい場合はリラクゼーションやマッサージなども完備されている場所もある。

 

また仮眠をとるためや宿泊利用される方の場所も完備されている。

 

モニターが設置され業務用映画を見ることができる施設もある。

 

レジャー施設でも映画の上映会を行う場合は業務用で利用する契約が必要となってくる。

 

これも安心してDVDを使用するために必要なため、施設の運営者は知っておくのも必要だ。

 

ルールを守って安全に上映しましよう。

ショールームで新製品の電子機器を展示するなら

ショールームで業務用DVDを使用しませんか?

 

電子機器の展示会やショールームで新製品をPRする会社は多いのではないだろうか。

 

新商品の展示を行う場合にサンプルの動画や画像を使用するだろうが、訪問者にとってどう変わったかイメージがしづらいだろう。

 

そんな時に業務用映画を流すことで知っている映画を流すと今までの製品との違いを分かってもらいやすくなる。

 

個人で使用しているDVDを展示場などで流すことは著作権に抵触するので、おすすめはできない。

 

そのため、上映会などで利用ができる映画を使用した方が良い。

 

著作権に抵触し、問題になれば製品や会社にとっても悪いイメージが付いてしまう。

 

電子機器の展示を検討されている方は、この機会に業務用DVDについて調べてみてはいかがだろうか?

 

ルールを守って安全に上映しましょう。

長距離バスで上映会を行おう!

長距離移動バスで映画上映会をしませんか?

 

この時期になるとスキー、スノーボードを楽しむ方が多いだろう。

 

地域、サークル、学校行事であれば大型のバスをレンタルする方もいるだろう。

 

友人同士であれば個人でバスを予約し、出かける方もいる。

 

そんなバスの移動時間をただ寝て過ごすだけでなく業務用映画を見るのもよい。

 

個人で所有するDVDを使用すると著作権に抵触する。

 

移動時間に映画を見るならばバス会社に業務用DVDの契約を行っているか確認を行った方がよい。

 

これからの季節ゲレンデに行かれる方も増えるため、バス会社の方で上映を検討されている方は是非業務用DVDについて調べてみてはいかがだろう?

 

ルールを守って安全に上映しましょう。

自分のお店で映画DVDを流したい場合

自分のお店でBGVとして上映会をしませんか?

 

BGVとはバックグラウンドビデオのことだ。

 

自分のお店で流そうと考えている方にお伝えします。

 

店舗で映画など個人で購入、レンタルしたDVDを放映すると著作権に触れてしまう。

 

個人で所有しているDVDの使用は絶対に避けた方がよい。

 

では、どのようにこの問題を解決することができるだろうか?

 

3つの解決方法をご紹介しよう。
・著作権フリーDVDの上映
・録画でないテレビの放映
業務用DVDを使用する

 

DVDを流したいのであれば、著作権フリーのものか業務用DVDを取り扱っている業者と契約を行わなければいけない。

 

契約を結んだうえで、業務用映画であれば安心してお店の中でも映画を流すことが可能だ。

 

ルールを守って安全にお店で上映しましょう。

宿泊先でゆっくりと映画を見る

ホテルでVODビデオプランでゆっくり過ごしませんか?

 

近年ホテルでのVODカード付プランの宿泊をよく見かける。

 

施設で映画上映会を行う場合もそうだが、宿泊施設でのビデオプログラムも業務用DVDとなる。

 

勝手に流してしまえばもちろん著作権に触れてしまう。

 

出張や旅行で映画を見ながらゆっくり過ごすことができるのは、業務用DVDとしての契約をちゃんと行っているからだ。

 

もし、契約を結んでいなければ、特に見たいテレビ番組が放映していない時に自分の好きな映画のタイトルを見ることはできないだろう。

 

今回はホテルの場合を取り上げたが、身近で業務用映画の上映を考えている方いないだろうか?

 

お悩みの場合は一度DVDを取り扱っている業者に相談してはいかがだろうか?

 

ルールを守って安全に上映を行いましょう。

飛行機内での映画上映

皆さんは飛行機内で流れている映画や動画は業務用DVDが使用されていることはご存知だろうか?

 

海外旅行をされる方は、長距離の移動時間にご覧になったことはあるかと思います。

 

長距離バスなどで上映される映画と同じく、機内で映画を流す場合にも業務用映画として契約を結ばなければいけません。

 

勝手に上映会を行うとなれば、航空会社は著作権侵害で訴えられてしまいます。

 

私たちが安心して映画を旅客機で見れるのは、供給してくれる会社と契約を行っているからだ。

 

この契約を行っていない場合はもちろん放映はできない。

 

空の旅が快適に過ごせるのは業務用DVDを取り扱っている業者が存在しているからである。

 

ルールを守って安全に映画、動画の上映を行いましょう。

« 1 2 3 4 5 »

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 上映会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.